HTML & CSS

リファレンス

HTML

セレクト

select要素

フォーム内にプルダウンメニューを設置したいときに使用します。メニューの項目はoption要素を使って表します。

サンプルコード

<select name="area">
	<option value="1">北海道</option>
	<option value="2">東北</option>
	<option value="3">関東</option>
	<option value="4">東海</option>
	<option value="5">甲信越</option>
	<option value="6">北陸</option>
	<option value="7">関西</option>
	<option value="8">中国</option>
	<option value="9">四国</option>
	<option value="10">九州</option>
	<option value="11">沖縄</option>
</select>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ、インタラクティブコンテンツ、リスト化・ラベル付可・送信可・リセット可・フォーム要素への関連付け可・フォーム関連コンテンツ、パルパブルコンテンツ

  • コンテンツモデル

    0個以上のoption要素optgroup要素、またはスクリプト支援要素

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

autofocus

ページ読み込み時、自動的にフォーカスします。論理属性です。

disabled

こちらの属性を指定するとプルダウンから選択できなくなります。論理属性です。

form

form要素のid属性を指定し、関連付けすることができます。

multiple

プルダウンから複数の選択を許可する場合に指定します。論理属性です。

name

フォームが送信されたとき、サーバーサイドで処理する際の名前を指定します。

required

必須入力項目としたい場合に指定します。論理属性です。

size

表示する選択肢の数を指定します。初期値は「1」で選択肢は1つだけ表示され、select要素をクリックすると全体の選択肢が表示されます。この属性を仮に「3」と指定すると、選択肢が常に3つ表示された状態になります。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。