HTML & CSS

リファレンス

HTML

オプション

option要素

select要素の中で、メニュー項目を表したい場合に使用します。

サンプルコード

<select name="area">
	<option value="1">北海道</option>
	<option value="2">東北</option>
	<option value="3">関東</option>
	<option value="4">東海</option>
	<option value="5">甲信越</option>
	<option value="6">北陸</option>
	<option value="7">関西</option>
	<option value="8">中国</option>
	<option value="9">四国</option>
	<option value="10">九州</option>
	<option value="11">沖縄</option>
</select>
  • カテゴリー

    なし

  • コンテンツモデル

    label属性とvalue属性がある場合:なし(空)
    label属性があり、value属性がない場合:テキスト
    label属性がない場合:空白以外のテキスト

  • 使用ケース

    select要素datalist要素optgroup要素の子要素として使用

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

disabled

こちらの属性を指定するとプルダウンから選択できなくなります。論理属性です。

label

プルダウンで表示するラベル名を指定します。指定する場合、空文字列にすることはできません。

selected

こちらの属性を指定すると、デフォルトで選択された選択肢になります。論理属性です。

value

送信されるときの値を指定します。こちらの属性が指定されていない場合、option属性に囲まれたテキストがvalue属性の値となります。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。