基礎

HTMLのグローバル属性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

id属性やclass属性など、全ての要素に共通で使用できるグローバル属性にどんなものが用意されているかご紹介します。

この記事のポイント

  • グローバル属性の種類が分かる

全ての要素で使えるグローバル属性

HTML要素はそれぞれが指定できる属性が決められていますが、全ての要素に共通して指定できる属性があります。
それをグローバル属性と言い、次の15種類が該当します。

属性名 指定する内容
accesskey キーボードによる移動(ショートカット)を指定
class 要素のクラス名を指定
contenteditable 要素の編集可能/不可能を指定
dir 文字の向きを指定
draggable ドラッグ可能にするかを指定
hidden 要素を非表示にする
id 要素のIDを指定。他の要素と重複してはいけない
lang 言語の種類を指定
spellcheck スペルチェックの有効/無効をを指定
style スタイルシートを記述
tabindex Tabキーによる移動順序を指定
title HTMLページのタイトルを指定
translate 翻訳対象にするか指定

W3CのHTML5仕様書では、「Global attributes」項目にグローバル属性の記載があります。
HTML5.2 – W3C(英文)

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前のページへ 一覧ページへ一覧 次のページへ