HTML & CSS

リファレンス

HTML

ノースクリプト

noscript要素

JavaScriptが無効な環境でscript要素を使用しているページが読み込まれた場合に、メッセージを表示するために使用します。JavaScriptが有効な環境では無視されます。

サンプルコード

<body>
<main>
	<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
	<noscript><p>このページを閲覧するにはJavaScriptを有効に設定してください。</noscript>
</main>
</body>
  • カテゴリー

    メタデータコンテンツ、フローコンテンツ、フレージングコンテンツ

  • コンテンツモデル

    head要素の子要素とする場合、0個以上のlink要素、0個以上のstyle要素、0個以上のmeta要素を任意の順番で記述。head要素の外で使用する場合はトランスペアレントコンテンツとなりますが、子要素にnoscript要素を含めることはできません。

  • 使用ケース

    head要素の中か、フレージングコンテンツが期待される場所。

属性

グローバル属性

グローバル属性のみ使用することができます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

使用例

JavaScriptが無効な環境でのみ、スタイルシートを読み込んでメッセージを表示する

<html lang="ja">
<head>
	<!-- JavaScriptが無効な場合のみ、スタイルシートを読み込む -->
	<noscript>
		<link rel="stylesheet" href="noscript.css">
	</noscript>
</head>
<body>
<noscript><p>JavaScriptを有効にしてください。</p></noscript>
<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
</body>
</html>

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。