HTML & CSS

リファレンス

HTML

スクリプト

script要素

ページにJavaScriptなどのスクリプトコードを記述する際に使用します。スクリプトはscript要素内にソースコードを記述する方法と、外部ファイルを読み込む方法の2種類から選ぶことができます。

サンプルコード

<script type="text/javascript" src="js/sample.js"></script>
<script type="text/javascript">
	alert("sample");
</script>
  • カテゴリー

    メタデータコンテンツ、フローコンテンツ、フレージングコンテンツ

  • コンテンツモデル

    src属性が指定されていない場合、type属性で指定したタイプのスクリプトを実行します。
    scr属性が指定されている場合は要素は空で無ければならず、外部スクリプトを読み込んで実行します。

  • 使用ケース

    head要素の子要素として、またはフレージングコンテンツを記述する場所。スクリプトによってはページの読み込み時間に影響することがあるため、あえてbody要素の最後の方に記述することがあります。

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

charset

スクリプトの文字コードを指定します。ページと外部ファイルの文字コードが異なる場合などの文字化けを防ぐ効果があります。src属性が指定されている場合にのみ使用可能。

src

外部スクリプトコードを読み込む場合、ファイルへのパスを指定します。

async

スクリプトの実行するタイミングを指定します。この属性が指定されているスクリプトはページの読み込み状況に関わらず、実行可能になったタイミングで実行されます。論理属性であるため、属性があるだけで有効となり、値を必要としません。src属性が指定されている場合にのみ使用可能。

defer

スクリプトの実行するタイミングを指定します。この属性が指定されているスクリプトはページの読み込みが完了したタイミングで実行されます。論理属性であるため、属性があるだけで有効となり、値を必要としません。src属性が指定されている場合にのみ使用可能。

type

外部スクリプトコードを読み込む場合、ファイルのMIMEタイプを指定します。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。