HTML & CSS

リファレンス

HTML

ディフィニション

dfn要素

テキスト内で定義された言葉を表す場合に使用します。定義語は同じテキスト、またはセクション内で説明されている必要があります。

サンプルコード

<p><dfn>HTML</dfn>はWebページをマークアップするための言語です。</p>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ、パルパブルコンテンツ

  • コンテンツモデル

    フレージングコンテンツ

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所。ただし、dfn要素を子孫要素に持つことはできません。

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

title

定義語を指定します。title属性に指定されたテキストが定義語となります。

使用例

title属性を使う

<p><dfn title="HTML">HTML</dfn>はWebページをマークアップするための言語です。</p>

表示例

ブラウザ表示例

dl要素と合わせて使う

dl要素と組み合わせる場合は、dt要素の中のdfn要素が定義語として扱われます。その場合、dd要素内で定義語に対する説明を記述する必要があります。

<dl>
	<dt><dfn>HTML</dfn></dt>
	<dd>Webページをマークアップするための言語です。</dd>
</dl>

abbr要素と合わせて使う

title属性を持ったabbr要素を子葉素として持つ場合、abbr要素のtitle属性を定義語として扱います。

<p><dfn><abbr title="HyperText Markup Language">HTML</dfn>はWebページをマークアップするための言語です。</p>

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。