HTML & CSS

リファレンス

HTML

ディスクリプション・ディフィニション

dd要素

定義リストの定義語に対する解説を表します。dl要素の子要素として使用し、必ず定義語としてのdt要素が存在している必要があります。1つのdt要素に対し、複数のdd要素を使用することができます。

サンプルコード

<dl>
	<dt>HTML(Hypertext Markup Language</dt>
	<dd>Webページを記述するための言語。</dd>
</dl>
  • カテゴリー

    なし

  • コンテンツモデル

    フローコンテンツ

  • 使用ケース

    dl要素内におけるdt要素の後ろか、dd要素の後ろ

属性

グローバル属性

グローバル属性のみ使用することができます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

使用例

dt要素とdd要素の組み合わせ例

全国紙を使ったdl要素のマークアップ例。1つのdt要素に対して、複数のdd要素を並べることができます。

<dl>
	<dt>ブルーマウンテン</dt>
	<dd>ジャマイカ産。すべてのコーヒーの良さをあわせ持つと言われる、バランスの良いコーヒー豆。</dd>
	<dt>ケニア</dt>
	<dd>ケニア産。強い酸味が大きな特徴。キレがあり、後味もすっきりしているので多くの方に飲みやすいコーヒーとして親しまれています。</dd>
	<dt>ロブスタ</dt>
	<dd>ベトナム産。強い苦味と特異な香りがあり、好みがハッキリと分かれる豆です。</dd>
</dl>

ブラウザの表示例

ブラウザの表示例

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。