HTML & CSS

リファレンス

HTML

ソース

source要素

audio要素video要素picture要素の中でリソースを指定するために使用します。複数の形式のリソースを用意することで、閲覧する方の様々な環境に対応した表示を行うことができます。

サンプルコード

<audio controls>
	<source src="/audio/graycode.mp3" type="audio/mp3">
	<source src="/audio/graycode.ogg" type="audio/ogg">
	<source src="/audio/graycode.wav" type="audio/wav">
</audio>

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

src

読み込むリソースのURLを指定します。

srcset

デバイスの解像度に応じて複数の画像ファイルを指定したい場合に使用します。「,(カンマ)」で区切り、複数の画像パスを指定します。また、幅や高さ、解像度の倍数をパスの横に指定してください。こちらの要素を指定することで、Retinaなど高解像度デバイスの画像ぼやけ対策となります。

media

読み込むリソースが対応するメディアを指定します。

type

読み込むリソースのMIMEタイプを指定します。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。