HTML & CSS

リファレンス

HTML

ベース

base要素

ページが読み込むリソースの基準となるURLを指定します。

サンプルコード

<head>
	<base href="https://gray-code.com/">
</head>
  • カテゴリー

    メタデータコンテンツ

  • コンテンツモデル

    なし

  • 使用ケース

    head要素の子要素として記述。1つのページで1つのみ使用することができます。

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

href

リソースの基準となるURLを記述します。読み込む画像やスタイルシートなどの外部ファイルを絶対パス、相対パスで指定する際の基準URLとなります。フォームのデータ送信先においても、ここで指定したURLを基準にします。

target

ページ内の全てのリンクに対し、ブラウジングコンテキストの挙動をここで一括して初期設定することができます。a要素などで個別にtarget属性を指定した場合はそちらが優先されます。

  • _self

    href属性に指定したリンクを現在のブラウズ・コンテキストへ展開します。target属性が指定されていない場合は、初期値として自動的にこの値が設定されます。

  • _blank

    新しいブラウジングコンテキストへ展開します。
    タブブラウザであれば、新しいタブを開いて展開。

  • _parent

    現在の親ブラウズ・コンテキストへ展開します。親要素がない場合、_selfと同じ動作になります。

  • _top

    href属性にしたリンクをトップレベルのブラウズ・コンテキストで開きます。親要素がない場合、_selfと同じ動作になります。

使用例

<head>
<!-- 基準URLと、ページ内の全リンクに対するtarget属性を設定 -->
<base href="https://gray-code.com" target="_blank">
</head>

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。