BLOG

働き方

フリーランスが長くクラウドソーシングでやっていくのは難しい

フリーランスが長くクラウドソーシングでやっていくのは難しい

「ランサーズ」や「クラウドワークス」で有名になったクラウドソーシング。人脈がなくても仕事を取れる、非常に魅力的なサービスです。今回は、このクラウドソーシングを利用してきた制作者の立場から、これらのサービスをメインにして行くことは難しいという意見をまとめたものです。

目次

決定的にキツイのはお互いの相場感の違い

Webサイトやアプリの制作について、仕事がうまく回る大前提は案件(制作)内容、納期、金額の価値観がお互いにマッチしていることです。
ここの感覚がお互いに近いことは非常に重要。

しかしクラウドソーシングで有名なランサーズクラウドワークスを覗いてみると、コーポレートサイト制作が5万〜10万なんてザラにあります。
中には「5,000円から5万」なんてものも。
まともな相場を知っていたら、とても引き受けることのできない案件です。
「トップページのデザイン案を作って終わっちゃうよ!」という金額ですよね。

プロとして仕事を受けたいと考えている以上、半端に安請負いすることだけは避けたいところです。
細部まで気を使う制作においては、納期が極端にきつかったり、金額的に安すぎるなどで不満を抱えると、制作中にキツいストレスに襲われたまま走り続けることになります。

僕ですら辛く感じるので、より経験のある凄腕の制作者からすると、もっと有り得ないはず。
この時点でかなり厳しい環境だと思うわけです。
腕試しとかだったら良いのかもしれないけど。

ランサーズ上で出会った企業のご担当者様から、こんな話しが寄せられたことがあります。

「以前、ランサーズ上で依頼したんだけど途中で連絡が取れなくなってしまったことがありました。
なので、今回からは実際にお会いできる方に限定して、慎重に依頼できる方を探しています。」

こちらの企業様からは、幸いにもWebサイト制作の発注を頂くことができ、決められた納期で公開することができました。
成果物にもご満足頂くことができ、大成功だったと思います。

しかし、残念ながら案件の目標が達成されないことがあるのも事実のようです。
その原因が、先述の通り「案件内容、納期、金額」のお互いの認識のズレだと思うのです。

使い方によっては非常に良いサービス

ここまでネガティブな流れで来てしまいましたが、もちろん優れた点も多くあります。
最も優れた点は、人脈がなくても仕事を受けることができるということ。
言わずもがな、クラウドソーシングの肝となる部分ですね。

人脈がなくても電話や飛び込み営業より効率良く、自分の条件で仕事を探すことができるのは大きなメリットです。
仕事を広げる大きな可能性を秘めています。

ということは、会社から独立したばかりで新しいクライアントを探したい方にとっては、とても魅力的なサービスになります。
ここから始めて、着実に信用を積み上げていったらクラウドソーシングから卒業し、次の仕事へ繋げていく、という形が可能となります。

ずっと付き合い続けることは難しいのかも

利用する上で気になる点、優れた点を考えてきました。
結論は、フリーランスの入り口として利用するには良いけれど、ここでずっと頑張るのは結構無理。ということかと思います。

「俺はとにかく数をこなしたいんだ!」という肉食系の方には向いているかもしれませんが、相場感が培われていくほど精神的に厳しい場所となります。
よって、僕はタイトルの通り「フリーランスが長くクラウドソーシングでやっていくのは難しい」という結論となるわけでした。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ