コーヒー

コーヒーの味の違いを探る:グアテマラ カシ シエロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーの味の違いを探る:グアテマラ カシ シエロ

シングルオリジンシリーズの「グアテマラ カシ シエロ」を飲んでみました。

目次

実はシングルオリジンシリーズだったカシ シエロ

前回のグアテマラ ウエウエテナンゴに引き続き、今回もシングルオリジンシリーズよりグアテマラ カシ シエロをセレクト。

カシシエロ自体は以前から販売していたと思いますが、今回のウエウエテナンゴとあわせてシングルオリジンシリーズのナインナップになったようです。

カシシエロの産地はアンティグア地域。
ウエウエテナンゴの南東に位置するようです。

アンティグア地域の場所
アンティグア地域の場所

パッケージは華やかな要素がありつつも、少し落ち着きのある感じ。
高級感もありますね。

今回は量り売りで購入したので、このような簡易パッケージでした。
カジュアルな感じが良いです。

カシシエロの簡易パッケージ
カシシエロの簡易パッケージ

「グアテマラ カシ シエロ」について

とりあえずパッケージを開封。
入り具合はMediumか、少し深めといった具合です。

パッケージ内のコーヒー豆
パッケージ内のコーヒー豆

続いて、スタバの公式サイトより豆の特徴を確認。

カカオを思わせる香りと、上品でなめらかな口あたりが特徴。
ほのかに感じるシトラスの風味と、後味にココアパウダーのような舌触りが感じられます。
デザートを際立たせる風味豊かなコーヒーです。

スターバックス公式サイト「スターバックス グアテマラ カシ シエロ®」より引用

  • コク – MEDIUM
  • 酸味 – MEDIUM
  • 加工法 – 水洗式
  • 生産地 – ラテンアメリカ
  • 風味のキーワード – ダークココア、レモン
  • 相性の良い風味 – ココア、レモン、ナッツ、キャラメル

スターバックス公式サイトの「スターバックス グアテマラ カシ シエロ®」より引用

今回も風味キーワードに「ココア」が!
ココアの風味は分からないだろうなぁ。(諦めムード)

飲んでみた感想

特徴を確認したところで、今回もいつも通りフレンチプレスで淹れて頂きます。
所要時間は10分ぐらい。

香りを嗅ぎつつ、いざ飲んでみます。

ズズズ…

カップから香る、カカオのような香り。
あれ?これはもしやココア??

酸味は表記だと「MEDIUM」でしたがほぼ感じられず、苦味もあまりありません。

まず、口の中に広がるカカオの香り。
その後に味覚で微かな甘み。
そしてコクもしっかり、という印象。

めちゃくちゃ美味しいです。
カカオの香りが感じられたからか、個人的にはウエウエテナンゴよりも好き。

続いて2杯目は牛乳を入れてみます。
比率は毎度ながら控え目に、コーヒー98:牛乳2という割合。
ほぼコーヒー(笑)。

牛乳の香りが目立たないし、これは牛乳を入れても美味しい!!
ブラック派ですが、今回は牛乳を入れる飲み方の方がありかも、と思えるぐらい美味しかったです。

以下、感想のダイジェスト。

  • カップからカカオの香り
  • 酸味はほぼなく、苦味も少ない
  • 口の中にもカカオの香りが広がる
  • コク > 甘み > 苦味
  • 牛乳を入れてもすごく美味しい(ただしカカオの香りは消える)

ブラックでも牛乳INでもどちらも美味しいコーヒーでした。
勝手に「分かりづらい」と苦手意識を持っていたココアの香りが感じられたので、特徴の分かりやすい豆かもしれません。

今回のコーヒー豆の唯一のネックは値段。
「カシ シエロ」は250gだと¥1,810(税込:¥1,990)と、通常の豆よりも高め。
でも確かに美味しいコーヒーが入る豆なので、「カシシエロ」と軽めの「ライトノートブレンド」あたりを常備して飲めれば幸せになれるかも。

次回はコアの「グアテマラ アンティグア」を試してみます。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前のページへ 一覧ページへ一覧 次のページへ