JavaScript

レシピ

文字列

文字列を結合する

複数の文字列を1つの文字列に連結する方法を解説します。

この記事のポイント

  • 結合演算子+か代入演算子+=で文字列を結合できる
  • 他のデータ型は文字列と結合すると自動的にStringへ変換される

2つ以上の文字列を1つにする

文字列に結合演算子+を使うと、複数の文字列を1つに結合するができます。

コード例

var title = 'Steins;Gate';
var opinion = '面白い';

var result = title + opinion;
console.log(result); // Steins;Gate面白い

上記は変数titleopinionの文字列を1つに結合し、変数resultに代入しています。
文字列を末尾に追加する形で結合する場合は、次のように代入演算子を使うことも可能です。

コード例

var title = 'Steins;Gate';
var opinion = '面白い';

var result = title + opinion;

for(var i=0; i<5; i++) {
  result += '!';
}

console.log(result); // Steins;Gate面白い!!!!!

変数resultに入っている文字列の末尾に「!」を繰り返し処理で足していきます。
for文の条件式でループ処理は5回実行されるため、5文字文を結合したら終了します。

他のデータ型と結合した場合

もし文字列と結合する値のデータ型がNumberBooleanなど他の型であっても、自動的に文字列のStringへ変換されて結合が行われます。

コード例

var title = 'Steins;Gate';
var opinion = '面白い';

var result = title + opinion;

result += -9999;
result += true;
console.log(result); // Steins;Gate面白い-9999true

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。