JavaScript

レシピ

文字列

文字列の先頭、末尾にある空白を取り除く

文字列の先頭や末尾にあるスペース、タブ、改行を取り除く方法について解説します。

この記事のポイント

  • Stringオブジェクトの標準メソッドであるtrimメソッドを使う
  • 文字列の中にある空白は除去できない
  • 先頭の空白のみ取り除くときはtrimStartメソッド、末尾はtrimEndメソッドを使う

目次

文字列の先頭と末尾にある空白を取り除く

Stringオブジェクトが標準で用意しているtrimメソッドを使うと、文字列の先頭と末尾にあるスペース(半角/全角)、タブ、改行を取り除くことができます。
trimメソッドを実行すると、空白を取り除いた文字列を返します。

コード例

// スペースを取り除く
var string1 = ' cat ';
console.log(string1.trim()); // 'cat'

// 改行を取り除く
var string2 = '\ncat';
console.log(string2.trim()); // 'cat'

// タブを取り除く
var string3 = '\tcat';
console.log(string3.trim()); // 'cat'

// スペース、改行、タブを全て取り除く
var string4 = '\tcat \n';
console.log(string4.trim()); // 'cat'

// 文字列の中にあるスペースや改行は取り除かれない
var string5 = 'I like cat.\nBut I don\'t like mouse.';
console.log(string5.trim());
// 'I like cat.
// But I don't like mouse.'

最後のstring5のように文字列の中にある空白については、trimメソッドで除去することはできません。

先頭か末尾のいずれかにある空白を取り除く

trimメソッドは文字列の先頭、末尾に空白があったらどちらも取り除きますが、もし「先頭だけ」や「末尾だけ」で十分な場合は、姉妹メソッドのtrimStartメソッドtrimEndメソッドを使うことができます。

コード例

var string1 = ' cat ';

// 先頭の空白のみ取り除く
console.log(string1.trimStart()); // 'cat '

// 末尾の空白のみ取り除く
console.log(string1.trimEnd()); // ' cat'

この2つのメソッドもtrimメソッドと同様に、空白を取り除いた後の文字列を返します。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。