HTML & CSS

リファレンス

HTML

ラインブレーク・オポチュニティ

wbr要素

単語の改行を許可したい場合に使用します。通常、テキスト中の英単語は途中改行しない設定となっていますが、この要素を使うことで途中改行を許可することができます。

サンプルコード

<!-- 長いURLの途中改行を許可する例 -->
<p>http://sample<wbr>htmlcode<wbr>reference<wbr>book.com</p>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ

  • コンテンツモデル

    なし(空)

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

グローバル属性のみ使用することができます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。