HTML & CSS

リファレンス

HTML

テキストエリア

textarea要素

フォーム内において複数行のテキスト入力欄を配置したいときに使用します。

サンプルコード

<form method="post" action="">
	<label for="contactForm">お問い合わせ内容</label>
	<textarea id="contactForm" name="contactForm"></textarea>
	<input type="submit" name="submitForm" value="送信">
</form>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ、インタラクティブコンテンツ、リスト化・ラベル付可・送信可・リセット可・フォーム要素への関連付け可・フォーム関連コンテンツ、パルパブルコンテンツ

  • コンテンツモデル

    テキスト

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

autocomplete

ブラウザによる自動入力機能を設定します。

  • on

    ユーザーが以前に入力した値をもとに自動補完

  • off

    ブラウザによる自動補完を行わない設定になります。

autofocus

ページ読み込み時、自動的にフォーカスします。論理属性です。

cols

テキスト入力欄の幅を文字数で指定します。初期値は「20」です。

dirname

フォーム送信時、テキストの方向を指定します。

  • ltr

    左から右

  • rtl

    右から左

disabled

こちらの属性を指定すると入力機能が無効(入力不可)となります。論理属性です。

form

form要素のid属性を指定し、関連付けすることができます。

inputmode

選択した際の入力モードの指定。

maxlength

入力できる最大文字数を指定します。

minlength

最低限入力してもらう文字数を指定します。

name

フォームが送信されたとき、サーバーサイドで処理する際の名前を指定します。

placeholder

表示するダミーテキスト(例文)を指定します。

readonly

こちらの属性を指定すると読み込み専用に設定でき、編集できない状態にすることができます。論理属性です。

required

必須入力項目としたい場合に指定します。論理属性です。

rows

テキスト入力欄の高さを文字数で指定します。初期値は「2」です。

wrap

フォーム送信時、入力された文字列の自動折り返しの扱いについて指定します。初期値は「soft」です。

  • soft

    入力されたテキストは入力欄に合わせて自動で折り返し(改行)されますが、送信されるテキストにはこれらの折り返しを反映しません。

  • hard

    入力されたテキストは入力欄に合わせて自動で折り返しされ、送信されるテキストについても同様にこの自動折り返しを改行として反映します。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。