HTML & CSS

リファレンス

HTML

オブジェクト

object要素

ページの中へ画像、動画、Flashなどプラグインを必要とするリソースを埋め込みたい場合に使用します。object要素はブラウジングコンテキストとして扱われます。

サンプルコード

<object data="graycode.swf" type="application/x-shockwave-flash" width="600" height="400">
	<param name="movie" value="graycode.swf">
	<param name="quality" value="high">
	<p>申し訳ございません。当サイトを閲覧するにはFlashプレーヤーのインストールが必要です。</p>
</object>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ、埋め込みコンテンツ、インタラクティブコンテンツ(usemap属性を持つ場合)、リスト化・送信可・フォーム要素への関連付け可・フォーム関連コンテンツ、パルパブルコンテンツ

  • コンテンツモデル

    0個以上のparam要素。その時、object要素はトランスペアレントに成る。

  • 使用ケース

    埋め込みコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

data

埋め込むリソースのURLを指定します。

type

埋め込むリソースのMIMEタイプを指定します。

typemustmatch

リソースがページへ読み込まれるときに、指定したMIMEタイプであるかを確認します。論理属性です。

name

埋め込むリソースに名前を指定します。

usemap

埋め込むリソースをmap要素で使用する場合、該当するmap要素のname属性にある値を指定します。

form

特定のフォームと関連付けしたい場合、form要素で指定されたid属性の値を指定します。

width

要素の幅を指定します。リソースの表示されるサイズとして使用。

height

要素の高さを指定します。リソースの表示されるサイズとして使用。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。