HTML & CSS

レシピ

ボーダー

ボーダーを使って見出しをデザインする

CSSのボーダーを使った見出しのデザインパターンと設定方法を解説します。

この記事のポイント

  • CSSだけで見出しをデザインする
  • borderプロパティで見出しのデザインバリエーションを作る

目次

見出しのデザインに便利なボーダー

borderプロパティは主に枠線を表示する際に使いますが、見出しに存在感を出す際にも活用することができます。

borderプロパティで見出し感を演出している例
borderプロパティで見出し感を演出している例

CSSの設定自体は非常に簡単です。
いくつかのバリエーションを解説していきます。

横にボーダーを入れる

シンプルに、左側にボーダーを入れる見出しです。

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 3px 0 3px 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-left: 4px solid #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

肝となるのはボーダーの太さや色を指定するborder-leftプロパティと、ボーダーと見出しのテキストとの間隔を調整するpaddingプロパティです。

見出しの上下の余白が、ボーダーとテキストの高さのギャップを作ります。

ボーダーのスタイルを変更する

続いてボーダーのスタイルを変更し、デザインのバリエーションを持たせます。

2色のボーダー

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 3px 0 3px 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-left: 6px ridge #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

border-styleプロパティの「ridge」を指定します。
色を反転したい場合は、「groove」を指定してください。

2本線のボーダー

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 3px 0 3px 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-left: 5px double #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

border-styleプロパティの「double」を指定します。

下にボーダーを入れる

続いて、見出しテキストの下にボーダーを入れてみます。

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 0 0 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-bottom: 3px solid #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

下ボーダーの場合もborder-styleプロパティでいくつかのバリエーションを作ることができます。

2本線のボーダー

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 0 0 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-bottom: 3px double #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

2色のボーダー

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 0 0 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-bottom: 4px ridge #2f96ff
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

ドットライン

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 0 0 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-bottom: 1px dashed #2f96ff
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

細かいドットライン

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 0 0 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-bottom: 2px dotted #2f96ff
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

左ボーダーと下ボーダーを組み合わせる

今まで使ってきた左ボーダーと下ボーダーを組み合わせて使用する例です。

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 5px 0 10px 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-left: 5px solid #2f96ff;
	border-bottom: 1px solid #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

上ボーダーと下ボーダーを組み合わせる

上下のボーダーを組み合わせて使用する例です。

表示例
表示例

コード例

<style>
h1 {
	margin-bottom: 20px;
	padding: 10px;
	width: 100%;
	color: #333;
	font-size: 129%;
	font-weight: normal;
	border-top: 3px double #2f96ff;
	border-bottom: 3px double #2f96ff;
}
</style>
<section>
	<h1>ボーダーを使って見出しをデザインする</h1>
	<p>CSSのborderプロパティをうまく使うと、色々なデザインの見出しを設定することができます。</p>
</section>

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。