HTML & CSS

リファレンス

HTML

デリート

del要素

ページの中で、後から削除したテキストを表します。datetime属性で追加した日時を記述することができます。
対照的に、後から追加したテキストを表したい場合はins要素があります。

サンプルコード

<p>Oculus Riftの一般販売は<del cite="" datetime="2016-01-10">未定</del><ins cite="" datetime="2016-01-10">2016年3月以降</ins>です。</p>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ

  • コンテンツモデル

    なし(空)

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

cite

参照するリソースがある場合にURLを指定します。

datetime

削除した日時を指定します。

使用例

アップデート履歴を例にしたサンプルコードです。追加した項目についてはins要素を使っています。

<h1>ソフトウェアのアップデート履歴</h1>
<ul>
	<li>自動改行機能の実装</li>
	<li>編集者管理機能</li>
	<li><del datetime="2016-01-05">レイアウト編集機能</del><ins datetime="2016-01-05">機能更新に伴い廃止となりました</ins></li>
	<li><del datetime="2016-01-05">アップデート通知機能</del><ins datetime="2016-01-05">機能更新に伴い廃止となりました</ins></li>
	<li><ins datetime="2016-01-20">自動翻訳機能</ins></li>
	<li><ins datetime="2016-01-20">画像補正</ins></li>
</ul>

ブラウザでの表示例

ブラウザでの表示例

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。