HTML & CSS

リファレンス

HTML

ボタン

button要素

ボタンを表します。ページに押すことができるボタンを設置することができます。

サンプルコード

<button>ボタン</button>
  • カテゴリー

    フローコンテンツ、フレージングコンテンツ、インタラクティブコンテンツ、リスト化・ラベル付可・送信可・フォーム要素への関連付け可・フォーム関連コンテンツ、パルパブルコンテンツ

  • コンテンツモデル

    フレージングコンテンツ。ただし、インタラクティブコンテンツを子孫要素に持つことはできない

  • 使用ケース

    フレージングコンテンツが期待される場所

属性

グローバル属性

下記の属性に加え、グローバル属性を指定することもできます。
グローバル属性について詳しくは、「HTMLのグローバル属性」をご覧ください。

autofocus

ページ読み込み時、自動的にフォーカスします。論理属性です。

disabled

こちらの属性を指定するとボタン機能が無効(押せなくなる)になります。論理属性です。

form

form要素のid属性を指定し、関連付けすることができます。

formaction

関連付けしたform要素のaction属性を指定します。関連しているform要素で既に指定していても、この属性で指定した値が優先されます。

formenctype

関連付けしたform要素のenctype属性を指定します。関連しているform要素で既に指定していても、この属性で指定した値が優先されます。

formmethod

関連付けしたform要素のmethod属性を指定します。関連しているform要素で既に指定していても、この属性で指定した値が優先されます。

formnovalidate

関連付けしたform要素のnovalidate属性を指定します。論理属性です。

formtarget

関連付けしたform要素のtarget属性を指定します。関連しているform要素で既に指定していても、この属性で指定した値が優先されます。

menu

menu要素のid属性を指定することで、ボタンを押したらメニューを表示することができます。

name

フォームが送信されたとき、サーバーサイドで処理する際の名前を指定します。

type

ボタンのタイプを指定します。

  • submit

    送信ボタン。関連するフォームの送信を行います。初期値になります。

  • reset

    リセットボタン。関連するフォームの入力内容をリセットします。

  • button

    特に何もしないボタン。通常はJavaScriptを使って動作を結びつけて使用します。

value

フォーム送信時、サーバーサイドへ渡す値を指定します。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。