WEB制作

サイト(ブログ)で求める成果を出すのは難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト(ブログ)で求める成果を出すのは難しい

サイト(ブログ)の運用で自分の求める結果を出すことって意外と難しいということと、結果を出すにはどうしたら良いの?ということについて。

目次

  1. #  始めるのは楽だけど、続けるのは難しいブログ
  2. #  膨大な数のサイトが乱立しているから難しい

始めるのは楽だけど、続けるのは難しいブログ

いやぁ夏ですね。
暑いです。
ちょうど今日から蝉の鳴き声も聞こえ始めました。

個人的には夏は好きで、この時期になると「何かやらないと!」という気持ちになれます。
不思議と前向きになれる、そんな季節。

良い感じに気持ちが上向いていたところ、著名ブロガーのイケダハヤトさんが次のような記事を公開していました。
「ブログだけで生きていく」 – まだ東京で消耗してるの?

この記事を見たとき、確かにそうだなって思った。
100%真実。
そんなすぐに成果が出るわけがない。

こちらの記事を読んだ時に、ふと会社をやめてサイト運営で生計を立てようといる知人のことが頭に浮かびました。
すでにそのサイトを運営しているけど、更新頻度が低め。
ちょっと心配になっています。

これ以降、当エントリーではブログもWebサイトも全て引っくるめて「サイト」と呼びます。

膨大な数のサイトが乱立しているから難しい

サイトの運営って参入障壁が低いし、現在進行形で低くなっていってるので、思い立ったら誰でもすぐに立ち上げることができます。
だから本当に数だけでいったら本当に膨大。
1説によると60兆ページぐらいあるとか。

そんな無限にあるようなインターネット空間において、ピンポイントで自分のサイトを見てもらうのって物凄く難しいと思いませんか?

だから、駆け出しから自分のサイトを大勢の人に見てもらえるケースって、そもそもその人が有名ってパターンがほとんど。
多くの一般人は元々の知名度なんて当然ないので、別の「見られる努力」が必要。

自分自身に言い聞かせる意味も含めて、どんなことをしたら良いかを考えていきます。

1. 数を打つ

「量は質に勝る」。
ということで、とりあえずサイトの更新を頑張る。
サイトのコンテンツ(ページ数)を増やしていく。

誰も見ないようなものを量産しても仕方ないけど、その辺りはまずコンテンツを作りながら、アクセス解析しつつ確認していくしかありません。

2. 専門的なことを突き詰める

数を打つにしても、内容がペラペラだったり同じ内容のものが複製されただけだと当然意味がありません。
せっかく作るなら、このサイトじゃなければ見れないコンテンツをたくさん用意することに集中しましょう。

3. 検索ワードは意識する

サイト自体のコンテンツはもちろん重要ですが、やはりGoogleやYahooの検索で上位表示されるメリットは大きいです。
なので、自分のサイトのコンテンツに検索されているワードが含まれているかは予めチェックしましょう。
これを調べるにはGoogleアドワーズの「キーワード プランナー」を使います。

4. 勉強する

少しでも多くの人にサイトを訪れて欲しいと思ったら、日々の改善・調整は必須。
でも「何を改善したら良いのかがよく分からない」ということも多いのではないでしょうか。

一番手っ取り早く、効率よく勉強するには書籍を読むこと。
SEOだったら「これからのSEO内部対策」、サイト上の文章の書き方やコンテンツの作り方については「沈黙のWebライティング」。
この他にも、自分が作りたいサイトの内容によってはその分野の専門書を読んだり、書籍を読むだけでもできることはたくさんあります。

以上のことを日々こないしていきながらも、最終的には続けられることが一番大事
継続は力なり。
有料広告をバンバン打てる潤沢な予算でもない限り、即効で成果がでる性格ではありません。
広告の成果も短期的だったりします。

結局は「サイト(ブログ)運営でお金が稼げる!」というモチベーションではなくて、自分が発信したいことありきで運営することが必要なのかと思います。
先述した通り、即効で結果がでるものではないので。

以上、サイトの運用で結果を出すことって結構難しいよ、という内容でした。
それでもやる気がある人は共に頑張って発信していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加