BLOG

その他

バドミントン桃田選手への処分について

バドミントン桃田選手への処分について

2016年リオオリンピックでメダル獲得が期待されていた桃田選手の出場停止処分。発表された時は処分が重過ぎるように感じ、唖然としました。そして、処分発表後の桃田選手の会見を見て、少し考えることがありました。

重過ぎるように感じる処分

違法カジノ店で賭博をしていた桃田選手について、日本バドミントン協会は16年4月10日(日)に緊急の理事会を開き、無期限の競技会への出場停止処分という処分を決定しました。
この「無期限」というのが曖昧で、2020年東京オリンピックについては「処分を解除する可能性も0ではない」とのことですが、現状なかなか難しいのかなぁという印象です。

あまりバドミントンには明るくないですが、メダルが期待できるほどの選手とのことで、今回の件は非常に残念でした。
そして、2020年の東京オリンピックについては不明とはいえ、少し重過ぎる処分かな…と感じます。
「信頼」など、難しいのかもしれませんが。
みなさんは、どう思いますか?

最近、野球でも賭博に関して問題になりましたが、違法賭博が世間に蔓延していることに気づかされる2016年。
「日本にもカジノができる!」みたいな話しが聞こえて久しいですが、その後どうなったのでしょう。海外からの観光客に向けた施策の一環ではありますが、国内の人でも入れるようになれば、今回のようなつまらないケースは減るのかも。

罪は割に合わない

で、ここで言いたいことは、実はその先の部分でした。
処分が決定した後の桃田選手の会見を見たときに、つくづく社会的にいう「罪」に対する処罰は割に合わないものだと、そういう思いが沸きました。
抑止力になるので当然かもしれませんが。

上記の通り、今回の「違法カジノでの賭博」によって今まで積み上げて準備してきたことが活かせなくなる。これが本当に勿体無い。

僕とは立場も能力も全く異なる方なので、比較する意味は全くありませんが、自分も自分以外の方から「信用」をして頂いて、仕事のご依頼を頂けています。
もともと運がないこと分かっているので「賭けごと」が嫌いな自分ですが、もし(本当に例えばの話し)僕が同じような罪となっても、当然ながら話題性は皆無な訳ですが、わずかながらも信頼を寄せて頂いた方に申し訳なさすぎる。
自分のちょっとした興味から生じる行動から、自分に関わる方に多大な迷惑を掛けてしまうことになります。
と、今回の一覧の流れを見て、そのように実感したのでした。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ