BLOG

コーヒー

コーヒーの味の違いを探る:エチオピア ケイオン マウンテンファーム

コーヒーの味の違いを探る:エチオピア ケイオン マウンテンファーム

希少な豆を使った特別な一杯を楽しめる「スターバックス リザーブ®」。いつも通っているスタバのパートナーの方からも「スターバックスとは一味違うコーヒーが楽しめる」と勧められていたので、ずっと気になっていました。そして本日ついにデビュー。今回はそのスターバックスリザーブのデビューについてと、頂いた「エチオピア ケイオン マウンテンファーム」のこと。

初めてのスターバックス リザーブ®

前回もコーヒーの記事でした。コーヒーブログと化しつつありますが、最近は本当にコーヒーを淹れるのが楽しくて、もちろん飲むのも楽しいという事態になっています。

そんなコーヒー野郎ですが、本日ついにずーっと気になっていたスターバックス リザーブ®へ行ってみました。「いつもより美味しいコーヒーに出会えるのかなぁ」と勝手な期待を抱きつつ、いざ東京駅近くの丸ビルへ。

今回行った店舗はこちら:丸の内ビル店 – スターバックス公式サイト

お昼時に行ってしまったため、めちゃくちゃ混んでいました。完全に満席。席が空くまで待ちます。
とはいえ回転が良く、5分ぐらいですぐに席を確保することができました。注文方法は普通のスターバックスと同じ。

今回のオーダーはもちろんリザーブ。5種類から選ぶことができましたが、今日は「エチオピア ケイオン マウンテンファーム」を選択。いつもスタバで飲んでいるエチオピアの特別版といった感じ。

パートナーの方が豆の特徴や産地について紹介してくれながら、目の前でコーヒーを淹れてくれます。ちょっと見慣れないマシンで淹れるので、この時点でもうワクワクが止まらない。コーヒーって色々な淹れ方があるんだなぁ…と。

そして出来上がった一杯がこちら。佇まいからして特別感あります。

出来上がった贅沢な一杯。

肝心の味はいかに。
まずは香りをチェック!

…お?
おおおおお???

マグに顔を近づけただけで香る。華やかな香り!

この時点でもう驚いています。
が、しかし。これはまだ序章に過ぎないのでした…。

ズズ…。
(え…??)

おおおおおおおおおおおお!!!!!!

(これが…コーヒー…!?…コーヒー!!!!
※周りにたくさん人がいるので心の中で叫ぶ

酸味がありつつ、口の中でも豊かに香ります。
これは違うぞ。圧倒的に違うコーヒー

今まで飲んできたコーヒーの中で、間違いなく一番美味しい。
分かる…違いが分かる…!!感動…

いやぁ、いつも通っているスタバではパートナーの方から「コーヒー豆の違いが分からない男」として通っている自分。そんな自分ですら、もう「これでもか!」とハッキリ違いが分かってしまう。とんでもないコーヒーでございました。

これは文句なく期待以上。

今回のコーヒー豆について

コーヒーを頂く際に、選んだコーヒー豆のことが書いてあるカードをいただきました。表面は鮮やかな素敵なイラスト、裏面はコーヒーに関する情報が掲載。

エチオピアの豆について書かれたカード

カードの裏面

コーヒーパスポートよりも少し多めに情報が載っています。これを読みながら、そしてパートナーの方から聞いた豆の話しを思い出しながらコーヒーを楽しむ。最高。

カードに記載された特徴はこちら。

ジャスミンを思わせる香りに、レモンやブラウンヌガーのような後味が特徴のコーヒー。エチオピア グジ地区にある、ケイオン マウンテン農園で栽培された希少なコーヒーです。

カード裏面より引用

  • 生産国 – エチオピア
  • 生産地/生産者 – グジ地区 ケイオン マウンテン農園
  • 標高 – 1,900m〜2,100m
  • 加工法 – 水洗式
  • キーワード – ジャスミンを思わせる香り、レモンやブラウンヌガーのような後味
  • 酸味 – MEDIUM(ほどよい)
  • コク – MEDIUM(ほどよい)
  • 相性の良い風味 – レモン風味のヌガー、タイム、マジパン
カード裏面より引用

カード裏面を読んで納得。ジャスミンの香り。そして後味に書いてある「レモン」もバッチリ分かります。レモンの少し柑橘っぽい酸味のある後味。

でもヌガーってなに??
Google検索で調べてみたら、砂糖菓子らしい。
食べ物豆知識 – ヌガー

「相性の良い風味」に書いてあるマジパンも、このヌガーのことのようですね。

もう一つ。「タイム」て何だろう??

こちらはハーブでした。
タイム – フレッシュハーブ

勉強になります。
そして、今回のコーヒー豆に感じた印象がこちら。

コーヒーパスポートに書き込んだ印象

  • 衝撃!!圧倒的に豊かな香りで驚いた。
  • 一口目から、なんかいつのコーヒーと違う。
  • レモンのような後味は分かった。分かり易かった。
  • 「ブラウンヌガー」のことは知らなかったけど、ムワッと重みのある後味のことかな?
  • コーヒーの味わい深さに気づいた。

コーヒーを飲むことが明らかに楽しくなる、まさに「趣味」へと意識が切り替わった革命的な一杯でした。大げさな印象かもしれませんが、本当にこれぐらい違う。そして他の豆も試したくなる衝動がムクムクと湧いてくる。

改めて、コーヒーの凄さに気がついたのでした。ずっとコーヒーパスポートを片手に毎日飲んできましたが、今日が本当の意味で「豆の違いを楽しむ旅」のスタートとなった気がします。

まだこの味を未体験の方、ぜひ一度お試しください。これは「体験」として価値のある一杯です。

カードとパスポート

なんて書いていたら、また行きたくなってきました。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ