PHPプログラミング

レシピ

日付・時刻

指定した時間だけPHPの処理を停止する

sleep関数を使って、PHPの処理を意図的に一時停止する方法について解説します。

この記事のポイント

  • 意図的に処理を一時停止する
  • 整数(int型)で「秒」単位で指定する必要がある

PHPの処理を意図的に停止する

sleep関数を使うと、指定した時間だけ処理を一時停止することができます。

コード例

sleep(3);

sleep関数のパラメータは停止したい時間を「秒」単位で渡します。
整数(Int型)で指定する必要があるため、「0.1秒」や「0.5秒」などは指定できず、「1」以上の値を指定する必要があります。
-1」などの負の値も無効です。

例えば、PHPの処理を5秒停止させる場合は、次のようになります。

コード例

echo '停止前の時刻:'.date('H:i:s');

// PHPの処理を一定時間止める
sleep(5);

echo date('H:i:s');

出力例

停止前の時刻:12:52:11
停止後の時刻:12:52:16

停止前と停止後でそれぞれ時刻を出力してみると、実際に停止していた時間が分かります。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。