JavaScript

レシピ

配列

文字列を配列に変換する

文字列をそのまま配列に変換する方法を紹介します。

この記事のポイント

  • 文字列を文字数の長さの配列に変換する
  • 配列に変換するときに値を加工することができる

文字列を配列にする

文字列をそのまま配列形式に変換したいときはArray.fromメソッドを使うと一括変換することができます。

以下の例では文字列が入った変数texttext2を、それぞれ配列に変換して出力します。

コード例

var text = "こんにちは!";
var text2 = "Hello!";

var text_array = Array.from(text);
console.log(text_array);
// (6) ["こ", "ん", "に", "ち", "は", "!"]

var text_array2 = Array.from(text2);
console.log(text_array2);
// (6) ["H", "e", "l", "l", "o", "!"]

Array.fromメソッドの第2パラメータに処理を指定すると、単純にそのまま配列へ変換するだけでなく値を加工することができます。
以下の例では、それぞれの文字を「'(シングルクォーテーション)」で囲みながら配列に変換します。

コード例

var text = "こんにちは!";

var text_array = Array.from(text, function(a){
  return "\''" + a + "\''";
});
console.log(text_array);
// (6) [ "''こ''", "''ん''", "''に''", "''ち''", "''は''", "''!''"]

文字列にHTMLタグのような記号「<」「>」が含まれるときに、「&lt;」や「&gt;」にエンコードしながら配列に変換することができます。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。