HTML & CSS

リファレンス

CSS

テキスト トランスフォーム

text-transformプロパティ

アルファベットテキストの表示方法を指定するプロパティです。

  • 初期値

    none

  • 継承

    継承あり

  • 適用できる要素

    全要素

次のような値を設定することができます。

  • none – 指定なし
  • capitalize – 単語の先頭文字のみ大文字にして表示
  • uppercase – 全て大文字にして表示
  • lowercase – 全て小文字にして表示

パターン1

次の例では、上記の値をそれぞれ指定しています。

CSSコード例

.sample_css1 .text1 {
	text-transform: none;
}
.sample_css1 .text2 {
	text-transform: capitalize;
}
.sample_css1 .text3 {
	text-transform: uppercase;
}
.sample_css1 .text4 {
	text-transform: lowercase;
}

表示例:

Cascading Style Sheet – 指定なし

Cascading Style Sheet – capitalize

Cascading Style Sheet – uppercase

Cascading Style Sheet – lowercase

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。