HTML & CSS

リファレンス

CSS

リサイズ

resizeプロパティ

ブロック要素に対し、ドラッグによるサイズ変更の可否を設定するためのプロパティです。

  • 初期値

    none

  • 継承

    不可

  • 適用できる要素

    overflowプロパティで「visible」以外が指定されているブロック要素

次の値を指定することができます。
2016年8月現在、IEでは対応していません。

  • none – サイズ変更を許可しない。初期値
  • both – 水平方向、垂直方向のサイズ変更を許可。
  • horizontal – 水平方向にのみサイズ変更を許可。
  • vertical – 垂直方向にのみサイズ変更を許可。

パターン1

値に「both」を指定している例です。overflowプロパティは「hidden」を指定しています。

CSSコード例

<style>
.element1 {
	overflow: hidden;
	resize: both;
}
</style>
<p class="element1"></p>

表示例:

bothを指定した例

パターン2

値に「horizontal」を指定している例です。

CSSコード例

<style>
.element2 {
	overflow: hidden;
	resize: horizontal;
}
</style>
<p class="element2"></p>

表示例:

horizontalを指定した例

パターン3

値に「vertical」を指定している例です。

CSSコード例

<style>
.element3 {
	overflow: hidden;
	resize: vertical;
}
</style>
<p class="element3"></p>

表示例:

verticalを指定した例

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。