HTML & CSS

リファレンス

CSS

フロート

floatプロパティ

ブロック要素の回り込み位置を指定するプロパティです。

  • 初期値

    none

  • 継承

    不可

  • 適用できる要素

    全要素

次のような値を設定することができます。

  • none – 回り込みなし。初期値。
  • left – 指定した要素を左に配置し、続く要素を右へ回り込みさせる。
  • right – 指定した要素を右に配置し、続く要素を左へ回り込みさせる。

パターン1

要素に「left」を指定し、続くテキストを回り込みさせた例です。

CSSコード例

<style type="text/css">
.box1 .element1 {
	float: left;
	margin-right: 10px;
}
</style>
<div class="box1">
	<p class="element1">Picture</p>
	<p class="element2">サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト</p>
</div>

表示例:

leftで回り込み指定した例

パターン2

2つの要素に対し、それぞれ「left」と「right」を指定した例です。インライン要素ではありませんが、floatプロパティを使うことで要素を横並びにすることが可能です。

CSSコード例

<style type="text/css">
.box2 .element1 {
	float: left;
}
.box2 .element2 {
 	float: right;
}
</style>
<div class="box2">
	<p class="element1">Element1</p>
	<p class="element2">Element2</p>
</div>

表示例:

2つの要素にfloatプロパティを指定した例

パターン3

3つの要素に「left」を指定した例です。インライン要素のように、親要素に収まる範囲で左寄せに並びます。

CSSコード例

<style type="text/css">
.box3 .element1 {
	float: left;
}
.box3 .element2 {
	float: left;
}
.box3 .element3 {
	float: left;
}
</style>
<div class="box3">
	<p class="element1">Element1</p>
	<p class="element2">Element2</p>
	<p class="element3">Element3</p>
</div>

表示例:

3つの要素にfloatプロパティを指定した例

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。