HTML & CSS

リファレンス

CSS

コラム ルール スタイル

column-rule-styleプロパティ

段組の間に表示する線のスタイルを指定するプロパティです。

  • 初期値

    none

  • 継承

    不可

  • 適用できる要素

    段組の要素

次の値を指定することができます。
2016年9月時点では、Firefoxで使用するにはベンダープレフィックス「-moz-」をつける必要があります。

  • none – 線を表示しない。初期値。
  • hidden – 線を表示しない。
  • dashed – 点線を表示。
  • dotted – 細かい点線を表示。
  • solid – 1本の実線を表示。
  • double – 2本の実線を表示。
  • groove – 立体的に凹みのある線を表示。
  • ridge – 立体的な線を表示。「groove」とは反対に凸みが出る。
  • inset – 立体的に凹みのある線を表示。
  • outset – 立体的に凸みのある線を表示。

パターン1

値に「none」(初期値)を指定している例です。線は表示されません。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box1 p {
	-moz-column-rule-style: none;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: none;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box1">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

noneを指定

パターン2

値に「hidden」を指定している例です。線は表示されません。「none」との違いは、テーブル要素における境界衝突の解決方法です。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box2 p {
	-moz-column-rule-style: hidden;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: hidden;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box2">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

hiddenを指定

パターン3

値に「dashed」を指定している例です。点線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box3 p {
	-moz-column-rule-style: dashed;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: dashed;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box3">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

dashedを指定

パターン4

値に「dotted」を指定している例です。細かい点線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box4 p {
	-moz-column-rule-style: dotted;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: dotted;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box4">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

dottedを指定

パターン5

値に「solid」を指定している例です。実線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box5 p {
	-moz-column-rule-style: solid;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: solid;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box5">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

solidを指定

パターン6

値に「double」を指定している例です。2本の実線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box6 p {
	-moz-column-rule-style: double;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: double;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box6">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

doubleを指定

パターン7

値に「groove」を指定している例です。立体的な線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box7 p {
	-moz-column-rule-style: groove;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: groove;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box7">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

grooveを指定

パターン8

値に「ridge」を指定している例です。「groove」とは対照的となる、立体的な線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box8 p {
	-moz-column-rule-style: ridge;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: ridge;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box8">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

ridgeを指定

パターン9

値に「inset」を指定している例です。立体的な線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box9 p {
	-moz-column-rule-style: inset;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: inset;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box9">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

insetを指定

パターン10

値に「outset」を指定している例です。「inset」とは対照的となる、立体的な線が表示されます。

CSSコード例

<style>
section p {
	-moz-column-count: 3;
	column-count: 3;
}
.box10 p {
	-moz-column-rule-style: outset;
	-moz-column-rule-color: #239fff;
	column-rule-style: outset;
	column-rule-color: #239fff;
}
</style>
<section class="box10">
	<p>ちゃんと観光地として歩いた川越街道は、昔ながらの街並みをゆったり楽しめる場所でした。通りは浴衣姿で歩いている女性も多く、とても風情があります。</p>
</section>

表示例:

outsetを指定

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。