HTML & CSS

リファレンス

CSS

クリップ

clipプロパティ

要素を部分的に切り取って表示するプロパティです。

  • 初期値

    auto

  • 継承

    不可

  • 適用できる要素

    positionプロパティによって位置指定された要素

次の値を指定することができます。このプロパティの値を反映するには、positionプロパティで親要素の「relative」に対して絶対配置を行う必要があります。

  • auto – 通常の表示。初期値
  • rect – 4つの値を「,(コンマ)」区切り、または「 (半角スペース)」区切りで指定。単位は「px」や「em」など任意で指定可能。

値を「rect」、数値を「px」で指定している例です。

CSSコード例

<style>
.box1 {
	position: relative;
}
.box1 img {
	position: absolute;
	top: 0;
	right: 0;
	clip: rect( 50px, 400px, 400px, 0);
}
</style>
<section class="box1">
	<h1>綺麗な虹</h1>
	<img src="../images/rainbow.jpg" alt="ダブルの虹">
	<p>台風が去った後に外へ出てみたら<br>空に綺麗な虹が架かっていました。<br>こんなにくっきりと見えたことは初めて。</p>
</section>

表示例:

clip適用例

記述したCSSに対し、下図のようなイメージで表示に適用されます。

適用イメージ図

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。