BLOG

長崎レポート vol.1

長崎レポート vol.1

4月上旬に3日間、長崎へ行ってきました。訪れた場所の記録。

目次

和と洋が組み合わさった独自の文化をもつ街

長崎駅周辺

「竜馬がゆく」を読んでから、ずーっと行ってみたかった長崎。
4月1日〜3日の3日間と弾丸で行ってきました。
周ったコースはこちら。

1日目

  • 原爆落下中心地碑
  • 長崎原爆資料館
  • 平和公園
  • 長崎県美術館
  • 長崎水辺の森公園
  • 出島和蘭陀商館跡 (でじま おらんだ しょうかんあと)

2日目

  • 端島(軍艦島)
  • 眼鏡橋
  • 龍馬通り
  • 長崎市亀山社中記念館
  • 龍馬のぶーつ像
  • 若宮稲荷神社
  • 風頭公園
  • 崇福寺
  • 新地中華街
  • 諏訪神社

3日目

  • グラバー園
  • 大浦天主堂
  • カステラの長崎堂

今回は1日目に巡った場所のレポート。

原爆落下中心地碑

昭和20年(1945年)8月9日の午前11時02分、米軍によって投下された原爆の中心地。
その地点を示す場所に、黒御影の石碑が静かに佇んでいます。

黒御影の石碑

石碑の近くには、平和への願いが込められたたくさんの鶴。

平和の願いが込められた鶴

日本人は少なく、ほとんどが外国人の観光客という印象。

長崎原爆資料館

原爆落下中心地碑から徒歩3分ぐらいの場所にある資料館。

長崎原爆資料館の入り口

原子爆弾が落ちた当時の様子を再現した模型や道具があり、時代背景を知ることができます。
こちらは長崎に落とされた爆弾、コードネーム「ファットマン」のレプリカ。

「ファットマン」のレプリカ

当時の様子を想像するほどに悲しくなり、そっと涙が溢れてくる場所。
当たり前のことだけど、原子爆弾は非人道的な兵器だと改めて認識。
最近は北朝鮮の核兵器が話題になることが多いですが、本当にあんなもの使ってはいけない。
使わせてはいけない。

長崎原爆資料館 – 長崎市 公式サイト

平和公園

原爆落下中心地碑から徒歩5分ぐらい、資料館からは10分弱の場所にあります。
有名な「平和祈念像」がある公園。

公園に入って、まず目に入るのが「平和の泉」。
向こうに小さく平和祈念像が見えます。

平和の泉

泉を抜けて、まっすぐに伸びた道を進むと平和祈念像があります。
近づくと想像以上に大きい。

平和祈念像

長崎県美術館

長崎の綺麗な海沿いにそびえる、スッキリしているのに独特な雰囲気を放つ美術館。
スペイン関連の展示が多いようです。

入り口には面白い看板を兼ねたオブジェクト。

看板を兼ねたオブジェクト

ガラス張りの綺麗な建物です。

長崎県美術館の入り口

常設展示は絵画がメイン。
時期によって企画展が開催されているので、行く予定のある方は公式サイトを確認してみてください。

長崎県美術館 公式サイト

長崎水辺の森公園

長崎県美術館を出てすぐの場所にある、海が展望できる美しい公園。
天気が良いと地元の方々がシート広げて休んでいたり、遊んでいたりして、まさに平和の象徴のような温かさに満ち満ちた場所です。

公園の風景 その1

公園の風景 その2

公園近くに停泊している船

海が一望できる

出島和蘭陀(おらんだ)商館跡

過去にタイムスリップしたかのような、映画のセットのような昔の街並みが広がる不思議な場所。
鎖国をしていた寛永18年(1641)でも海外と交流のあった場所のようで、「和」の中に「洋」な要素がところどころにあって面白いです。
当時、最先端の文化がここに広がっていたはず。

目の前に広がる昔の街並み

和と洋が組み合わさった不思議な建物

中世ヨーロッパ風な豪華な食卓

歴史の教科書に必ず出てくる「解体新書」のレプリカもあります。

「解体新書」のレプリカ

想像以上に異質で新鮮な長崎

以上が1日目に周った場所でした。12時ぐらいに長崎駅へ到着しましたが、18時ぐらいまでにこれだけ周ることができました。
観光スポットが密集しているのと、路面電車が走っていてアクセスが良いので快適です。

2日目以降はまた改めてレポートします。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ