BLOG

ファイナンス

<個人事業主向け>事業用、私用で銀行口座を使い分ける

個人事業主になって迷うのが、口座の扱い。事業用と私用をどう区別したらいいのかも最初は分かりづらいと思います。そこで今回は、管理が楽になる方法を解説します。

目次

口座を使い分ける必要性

個人事業主の方は、私生活(プライベート)と事業の2種類のお金を扱う必要があります。となると、銀行口座も私用/事業用を混同せずに、しっかりと使い分けた方が管理も楽になります。

やろうと思えば、1つの口座で2種類のお金を扱うことも不可能ではありません。しかし、「こっちは仕事で、これは私用。あ、これも私用か。」とゴチャゴチャになりがちで管理も大変です。こうなってしまうのであれば、最初から私用/事業用で銀行口座を物理的に分けてしまった方が断然楽でしょう。

どこの銀行口座がいいか

まず私用の口座ですが、こちらは厳密に管理する必要がないので使い慣れた銀行の口座をそのまま使う形で十分です。私用口座は、基本的に生活に必要なお金のみが出入りすることになります。もし利用できるのであれば、オンラインバンクは開設しておきましょう。事業用口座とのやり取りが楽になります。

一方で、事業用の口座は取引先からのお振込み、こちらからの支払い、もしくは事業用クレジットカードの引き落とし先などとして使用します。生活費については、こちらの口座から私用口座へ振り込む形となるでしょう。

事業用の口座は馴染みの金融機関でビジネス口座を開設する形でも問題ありませんが、特にこだわる理由が無ければネットバンクがお勧めです。それは、次のメリットがあるから。

  • 振込手数料が無料(※各社条件あり)
  • 各種手数料が安い
  • ネットサービスが充実している
  • 利息が良い

ネットバンクで有名なのは住信SBIネット銀行楽天銀行ジャパンネット銀行などがあります。

特に住信SBIネット銀行は個人的に使っていて重宝しており、上記全てを満たしていて非常に使いやすく、特に振込手数料が無料なのは大きい。私用口座に生活費を振り込んだり、取引先への振込が無料というのは嬉しいですよね。

もちろん無制限に無料ではないので注意してください。条件は各社によって異なりますが、例えば住信SBIネット銀行であれば「ランク」によって無料振り込み回数が決まります。ランクとは、預金金額やサービスの利用状況で更新されるステータスです。

サービスの充実度も忘れずチェック

提供しているサービスもよくチェックしましょう。

基本的な部分でいうと入出金のオンライン照会とか。これ24時間できて当たり前みたいに思われていますが、実は銀行によって「23時まで」など利用時間が決められていることがあります。夜中に1日の会計処理したかったのに口座情報を参照できない、ということは起こりがち。

他にはコンビニATMで引き出せるかどうか。ネットバンクは基本的に支店がないので、コンビニATMから引き出すか、もしくは私用口座へ使う分を振り込んで引き出すか、という使い方になります。そのため、取り扱っているコンビニの多い口座を使う方が断然便利。目安としてはセブンイレブン、ローソン、ファミマで取り扱い可能であれば不便しないと思います。

その他に住信SBIネット銀行を勧たい理由が、SBIグループとして個人年金や投資信託・株式などの証券を取り扱っていることが挙げられます。もしこれらを活用したいと考えていたら、アカウントや口座管理をまとめることができ非常に楽です。逆に、これらの利用予定が無ければ、他のネットバンクでも大丈夫だと思います。

まとめ

以上、銀行口座を分けることについて見てきました。要点としては「私用/事業用のお金の区別」です。管理に不便を感じなければ、1つの口座で通すことも可能です。しかし、本業に集中するためにもお金の管理を少しでもシンプルにしておく工夫として、銀行口座は用途でしっかりと分けておくことをお勧めします。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ