BLOG

「金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ」を読んだ

「金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ」を読んだ

永江一石(ながえ いっせき)さんの著書。著者自身のブログ「永江一石のITマーケティング日記」をベースに編集されており、Webサイトを運営する人であれば必ず1回は目を通したい1冊。Kindle版のみの出版となります。

目次

ビジネスに携わる方は一読の価値あり

冒頭で「Webサイトを運営する人であれば〜」とか書きましたが、さらに具体的なターゲット像はズバリ「ビジネスでWebサイト(ホームページ)やSNSを頑張って運用しているけれど、思うように結果が出ていない人」です。最近のビジネスでWebが関わらないことってほとんどなので、これは結構多くの人が抱えている問題ではないでしょうか。自分も他人事ではなく、本書の内容を真摯に受け止め、日々精進しています。

一例ですが、本書は次のテーマについてどうすれば解決できるか、辛口ですが分かりやすく書かれています。

  • 顧客視点
  • Web集客の方法
  • Web&ソーシャルの運用

どれも気になりますよね。どうすれば結果を出せるのか。そこまでの道に進むための考え方が詰まっていて、読んでいると思わず「確かに」と頷ける内容です。実際、書かれていることは至極真っ当な真実です。だからこそ、上記のテーマについてあれこれ無駄に悩まずに、とりあえず手を動かそうって思えるのかもしれません。本書のタイトルに偽りなしですね。

著者についてのご紹介

失礼ながら、本書を発見するまで著者のことは一切知りませんでした。すみません、もぐりです。

著者はブログ「永江一石のITマーケティング日記」を書かれており、なんと毎日更新されています。記事の内容もしっかりと分かりやすく面白いので、ぜひご一読を。自分も平日毎日更新を謳っていますが、上には上がるな…。雲の上の存在ですね。

ここで著者のお仕事についても簡単にご紹介。現在は会社を経営されていて、主に企業の新規商品開発、集客プロモーションなどのコンサルティングを行っているようです。前職はリクルート、ライブドア。インターネット黎明期から様々なビジネスに関わり、経験を積んできた方のようです。詳しくは著者ブログサイトより、こちらの自己紹介ページをご覧ください。

読みやすさも◎

ブログのエントリーをベースにして加筆されているので、1つのお話しを読むのに10分も掛かりません。自分の場合はどうすればいいのか…と考えながら読むと時間かかりますけどね。

本書自体は378円と非常に内容を考えたら超お買い得なのですが、唯一の欠点はKindle販売のみという点。僕はKindleがあるので全然問題ない(むしろ嬉しい)のですが、電子書籍ってまだまだ普及してるとは言えない状況なように感じています。周りの人に読んでもらおうと勧めても、ぶっちゃけ読んでくれた人は今のところ1人(笑)。思ったより高いぞ電子書籍の壁。専用の電子書籍リーダーとかなくても、iPhoneとかで読めるのに。

特に本書のように1つのお話しが5分〜10分ぐらいで読めるものだと気軽に読めるはずなので、まずは食わず嫌いしないで挑戦して欲しいと思うのでした。

結論として、本書は本当に多くの人にお勧めしたい1冊なのです。先述した通りビジネスでwebを使う方はもちろんのこと、Webを使って副業やりたいと考えている方、これから社会人になる方、作るのは得意だけど売るのは苦手なwebクリエーター。多くの情報が蔓延し、すぐに手応えを感じることが難しいwebの世界だからこそ、正しい方向を目指して手を動かしていくことが大事だと思います。自分にとって正しい方向とは何か、まずは本書で確認してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ