PHPプログラミング

レシピ

配列

複数の変数を配列に統合

compact関数を使うと、複数の変数を1つの配列に統合することができます。

この記事のポイント

  • compact関数の基本的な使い方を確認する
  • 実際に動くコードで実行結果を確認する

目次

概要

最初に、compact関数について解説します。

compact関数のパラメータ

最低でも1つ以上の変数をパラメータに指定する必要があります。
2つ目以降は、必要な数だけ変数を指定することが可能です。

指定する変数名は通常の$varといった形ではなく、「”(ダブルクォーテーション)」で囲った名前で指定する必要があることに注意してください。
例えば、「$animal」という変数であれば、「“animal”」と指定します。
$test_1」であれば「“test_1”」となります。

それでは、実際にコードの動作をみていきましょう。

変数を1つの配列へ統合

3つの変数を1つの配列に統合します。

コード例

// 変数の初期化
$name = 'Alex';
$gender = 'men';
$age = 30;
$email = 'nickerdoodle@sample.co.jp';
$personalData = array();

// 変数を統合
$personalData = compact( "name", "gender", "age", "email");
var_dump($personalData);

実行結果

出力結果 パターン1

解説

上記のコードでは、4つの変数を$personalDataへ統合しています。

配列を使って統合する変数を指定

1つずつ変数で指定することも可能ですが、変数名を配列に格納して統合することも可能です。

コード例

// 変数の初期化
$name = 'Alex';
$gender = 'men';
$age = 30;

$email = 'nickerdoodle@sample.co.jp';
$phone_number = '000-xxxx-xxxx';

// $emailと$phone_numberの2つを配列で指定
$hobby = array( 'email', 'phone_number');

// 変数を統合
$personalData2 = compact( "name", "gender", "age", $hobby);
var_dump($personalData2);

実行結果

出力結果 パターン2

解説

前から3つの変数は先述した指定方法ですが、$email$phone_numberの2つについては$hobbyに格納して指定を行なっています。
指定方法自体は同じで、$emailであれば“email”とする必要があります。

compact関数 – php.net

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。