HTML & CSS

レシピ

設定

特定のページをGoogleなどの検索結果に表示されないようにする

試験的なページやエラーページなど、Googleなどの検索結果に表示しないように指示する方法を解説します。

この記事のポイント

  • 検索結果に含めたくないページを検索ロボットに通知する
  • meta要素"robots"の書き方と内容が分かる

meta要素で検索ロボットに指示をする

サイトには試験的に作ったページ、会員専用ページ、エラーページなど、検索結果に表示して欲しくないページも存在します。
そのような時は meta要素を使って、検索情報を集めているロボットに対し「このページは検索結果に表示しないでください」と指示を記述することができます。

検索結果の対象外としたいページに対して、head要素内で次のmeta要素を記述します。

コード例

<meta name="robots" content="none">

この指定は、「noindex」と「nofollow」を兼ねた意味を持ちます。
次の記述も同じ内容になります。

コード例

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

noindex」は検索結果に表示しないページであることを示し、「nofollow」はこのページに設置されたリンク(外部・内部どちらも)を調査対象外にする指示となります。

もし「robots.txt」に同じページに関する設定が記述されている場合は、基本的に「robots.txt」の記述が優先して適用されます。

Note

今回のmeta要素を使った指定方法は、現在主流のGoogle検索エンジン(ボット)に対しては有効ですが、全ての検索エンジンに有効とは限りません。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。