HTML & CSS

レシピ

フォーム

通常のテキストを入力するフォームを作る

input要素の「type=text属性」を使った、通常のテキスト入力フィールドを設置する方法について解説します。

この記事のポイント

  • 最もオーソドックスな1行テキストの入力欄を設置する

フォームで最もオーソドックスなテキスト入力欄

Webサイトにおけるフォームはお問い合わせ、注文、会員登録など様々なタイプがありますが、その中でも名前やフリガナ、ユーザーIDなどの入力欄を頻繁に見かけると思います。
今回はそういった用途で使われるテキスト入力欄の設置方法を解説します。

お問い合わせフォームの表示例
お問い合わせフォームの表示例

フォームにある「お名前」「フリガナ」などの1行テキストは、input要素に「type=”text”」を指定して設置します。

コード例

<section>
	<h2>お問い合わせフォーム</h2>
	<form action="" method="post">
		<div>
			<label for="input_name">お名前</label>
			<input id="input_name" type="text" name="name" value="" placeholder="山田 太郎">
		</div>
		<div>
			<label for="input_furigana">フリガナ</label>
			<input id="input_furigana" type="text" name="furigana" value="" placeholder="ヤマダ タロウ">
		</div>
		<div>
			<label>お問い合わせ内容</label>
			<textarea name="tel" placeholder="こちらにお問い合わせ内容を入力してください。"></textarea>
		</div>
		<div class="btn_area">
			<input type="submit" name="btn_confirm" value="入力内容を確認する">
		</div>
	</form>
</section>

こちらのコードでは、type属性の他に次の属性を指定しています。

属性名意味
idlabel要素と結びつける
nameデータの受け渡しで使うラベル名
valueデータの受け渡しで使う値
placeholder入力例

中でも重要なのはname属性です。
フォームはPHPやPhthonなどのプログラミング言語と連携して始めて動的に機能しますが、その時にname属性を使ってフォームの値を参照します。

例えば上記のフォームでは、「お名前」は「name」というラベル、「フリガナ」は「furigana」というラベルで送信されることを意味します。
この属性が指定されているフォームの入力項目のみ、プログラミング言語側で値を参照することができます。

type属性が「text」のテキスト入力欄は汎用性が高く、非常に便利な入力欄です。

メールアドレスや電話番号の入力欄も同様の形式でテキストを入力するフォームになりますが、type属性の値は「email」や「tel」を使うことが一般的です。

Note

お問い合わせフォームの具体的な仕組みと作成方法については、「フォームの基本構造を作成する」をご覧ください。
こちらのページではPHPと連携して、0からフォームを作成していきます。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。