HTML & CSS

リファレンス

CSS

フォント ファミリー

font-familyプロパティ

テキストフォントの種類を指定するプロパティです。

  • 初期値

    ユーザー環境に依存

  • 継承

    継承する

  • 適用できる要素

    全要素

次のようなフォントを設定することができます。

  • Serif
  • Sans-serif
  • Monospace
  • Cursive
  • Fantasy
  • Times New Roman
  • Verdana
  • Courier

パターン1

上記フォントの指定例です。

CSSコード例

.sample_css1 .text1 {
	font-family: serif;
}
.sample_css1 .text2 {
	font-family: sans-serif;
}
.sample_css1 .text3 {
	font-family: monospace;
}
.sample_css1 .text4 {
	font-family: cursive;
}
.sample_css1 .text5 {
	font-family: fantasy;
}
.sample_css1 .text6 {
	font-family: times;
}
.sample_css1 .text7 {
	font-family: verdana;
}
.sample_css1 .text8 {
	font-family: courier;
}

表示例:

Text1: Serif font

Text2: Sans-serif font

Text3: Monospace

Text4: Cursive

Text5: Fantasy

Text6: Times New Roman

Text7: Verdana

Text8: Courier


パターン2

上記以外にも、日本語でよく使われる「明朝フォント」などを指定することが可能です。

フォント名に半角スペースが入る場合は「(シングルクォーテーション)」や「(ダブルクォーテーション」で囲って指定します。

CSSコード例

font-family: 'ヒラギノ明朝 ProN W3', 'Hiragino Mincho ProN', 'HG明朝E', 'MS P明朝', 'MS 明朝', serif;

表示例:

明朝体のテキスト

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。