BLOG

ファイナンス

スタバはマイタンブラー持参でどれぐらい節約できる?

スタバはマイタンブラー持参でどれぐらい節約できる?

個人的に毎日のように通っているスターバックス。スターバックスでは自分のタンブラー(マイタンブラー)を持参すると20円引きで珈琲を楽しむことができます。そこでちょっと気になったマイタンブラーの節約効果。タンブラー代ぐらいは元が取れるのか調べてみました。

毎日使うからこそ、気に入ったタンブラーを使いたい

スタバはよく行きますか?
僕は仕事で気を引き締めたいときや、集中してブログの記事を書きたいときなんかに行くようにしています。自営なので自宅兼事務所で作業する時間は長く、打ち合わせやら用事がない限りは基本的に部屋で仕事。ずっと同じ場所で仕事も生活もしているので、ハッキリ言ってかなり飽きます。そこで重宝しているのが自宅近くのスタバ。

ご当地タンブラーを集めるのがなんとなく趣味になっていて、手元には7本のタンブラーが。飾っておくだけなのは勿体無い気がして、毎日別々のタンブラーを取っ替え引っ替え使うようになりました。

ふと気がついた「カップ値引き」。スタバにはマイタンブラーを持参すると20円引きして頂けるという、ちょっとお得な制度があります。そこで、毎日のように通っている自分が、この制度でどれぐらいの節約になっているのか気になり計算してみました。

とある一ヶ月のスタバ代

まずはある一ヶ月(昨年12月)のスタバのレシートをかき集め、どのぐらい使っているか計算しました。
その合計金額は8,940円

次にその中から、「カップ値引き」があったレシートを選別し、値引きがなかった場合の金額に戻して再度合計金額を計算。
結果、9,374円

後は単純に引き算をして差額を求めます。
9,374 – 8,940 = 434円。
つまり、一ヶ月あたり「434円」の節約効果でした。

ちなみに、スタバへ行った回数は21回。
サラリーマンが会社に出勤する回数程度には通っていました。

この結果に、単純に「12」をかけて1年あたりの金額に換算してみます。
434 x 12 = 5,208。
大体ですが、年間にすると「5,208円」の節約になります。地味に大きい。

タンブラーが一本1,600円(税抜)なので約3本分。
ドリップコーヒーのショートだと約18杯分。
タンブラー1本を1年間通して使えば、十分に元は取れる計算になります。ちりつも。

以上、意気揚々とタンブラーの節約効果を主張して参りましたが、マイタンブラー持参する最大の魅力はお気に入りのタンブラーで珈琲が楽しめることです。節約はあくまで副次効果。全く節約しないよりはできた方が良いなぁ、ぐらいな感じのスタンスでいると、より幸せになれると思います。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ