BLOG

その他

メルカリで不要なモノを手放すと気持ち良い

メルカリで不要なモノを手放すと気持ち良い

もはや海外でもメジャーなフリマアプリになりつつある「メルカリ」。日本のフリマアプリ最大手で、ユーザー数も非常に多いです。今回はそのメルカリについて、自分の利用状況や出品のポイントをまとめました。

目次

すっかり定着したフリマアプリ

かれこれ1年ぐらい、メルカリを利用しています。

出品までの流れが非常にスムーズで本当に使いやすく、最初から説明とか読まなくても簡単に出品できてしまうほど。

ちなみに、僕が最初に出品したのはこの赤いコートでした。

hiromichi nakanoの赤いコート

通販限定カラーの綺麗なレッドなのですが、通販だったので試着せずに購入。いざ届いて着てみたら「んー。ちょっと違うかも」というありがちな失敗をしてしまい、クローゼットにしまったままだったコート。ほぼ未使用でした。

メルカリを使う前まではヤフオクを使っていましたが、販売価格は最後まで分からないし、開始価格 = 即決価格だとなかなか入札も入らないしで、ちょっと出品をためらっていました。あと入力項目が多くて面倒。

でもメルカリなら、スマホで出品することが前提に作られていて非常にスムーズ。写真撮って、タイトルと商品説明書いて、状態と価格を設定したら出品完了。大体ですが、ヤフオクの半分ぐらいの時間で出品できます。5分〜10分ぐらい。

今まで出品した商品

基本的には掃除の一環として出品しているので、もう使わない(着ない)であろうものを出品しています。

  • 服(コート、Tシャツ、シャツ)
  • 靴(ブーツ、スニーカー)
  • バッグ
  • スピーカーやメモリなどPC関連

状態には拘っていて、良いもののみに絞っています。例えばTシャツや靴なんかは分かりやすいのですが、買ってから1、2回しか使っていないものとか。さすがに1シーズン着倒したTシャツとか誰も着たくないと思うので。

出品した商品を売りやすくするポイント

1年間使ってみて、自分なりに商品を売りやすくするポイントを研究してみたので紹介します。改めてみると、いたって普通のこと。

買った時についていた付属品を可能な限り揃える

自分がお店で買った時についている商品タグ、取り扱い説明書、保証書類。洋服だと特に大事。地味かもしれませんが、大切に扱ってきたことを伝えやすいツールです。これらのものが揃った商品はほとんど売れます。

自分が買いたくないと思うポイントは取り除く

洋服などによく見受けられますが、床に広げた状態で写真を撮って出品している人がいます。自分が買う側の立場だったら、その商品は絶対に買いたくない。そもそも視界に入らなかったことにします。

広げた状態を撮るのであれば、机やテーブル、もしくは普通にハンガーに掛けた状態がオススメ。洋服屋さんで売っている状態に近い状態にすることがポイントだと思います。お店だとハンガーに掛かっていたり、棚に畳まれていたり、広げられていることが多いですよね。

あまり意識的には見ていないポイントかもしれませんが、清潔感とかを伝える上でも非常に大事です。

別に床が汚いと言いたいわけではないけど、床に置いて写真を撮る人は、日常的にも床に置いたまま保管してるのかな…とか、あまりポジティブなイメージを抱けません。そういうマイナス要素はあらかじめ取り除きます。

誠実な姿勢

一番大切なこと。お互いが面識のない人との取引になります。そのため、お互いにとって実のある気持ち良い取引ができるよう、誠実に接することが大事です。

商品説明文に嘘を並べて良く見せようとしたり、盛ったりしない方が良いです。取引は相手が商品を受け取って、商品に間違いがなかった時点で完了するので、間違った期待をさせてしまうとトラブルに繋がります。

あとコメントで質問が寄せられますが、こちらも誠実な対応を心掛ける必要があります。商品に汚れや使用感、または問題点があったら伝えた方が良いし、相手の気になる点をクリアにしてあげることがミソ。

妥当な金額で販売できる、モノが減らせる

自分にとって不要になってしまったモノを、次の必要としてくれる人に引き継ぐ。そして作ったお金で新しいものを買う。個人的にこのサイクルが非常に気持ち良い。

当然、買った時と同じ値段で売れることはほとんどなく、半額になれば上等です。なので、新しいモノを買うための資金を作るには、売るモノの方が多くモノ自体は減っていく。そして新しいものにアップデートしていく。少し大げさに言うと、自分の所有物が洗練されていく気持ちになります。

着なくなった洋服やらモノって、取って置いても場所をとってしまうじゃないですか。とはいえ捨てるのは勿体無い。でも古着屋は買取額が安すぎる。でも着ないかも。

このニーズを満たしてくれるのがメルカリ。スマホ一台で気軽に出品できるので、まずは試しに着なくなった冬物のアウターとか出品してみてください。自分が感じたことを共有できたら嬉しいです。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ