BLOG

WEB制作

ホームページ・ブログを本気でやるなら独自ドメインを勧める理由

ホームページ・ブログを本気でやるなら独自ドメインを勧める理由

自社、または自分でホームページ・ブログを持とうと考えたときに、とりあえず無料で始めてみようと考えることがあると思います。でも、もしビジネスなどで本気で運用したいのであれば、必ず「独自ドメイン(オリジナルドメイン)」で始めてください!今回はその理由をまとめました。

目次

独自ドメインを勧める理由

「無料で始めよう」と考えたときには、何かしらのwebサービスを使うことが思い浮かぶと思います。ホームページでは「Wix」、「Jimdo」、ブログだと「はてなブログ」、「アメブロ」など。他にも類似のサービスがたくさんあります。これらのサービスは非常に便利ですし、用意したコンテンツ(内容)が素晴らしければ非常に多くの人に見ていただくことも可能です。しかし、こう言ったサービスで多くの人に見ていただけるコンテンツを作成できたとしても、非常に勿体ない、そして見逃すことのできない点があります。

それは、ドメインの価値を育てることです。上記のwebサービスを無料で利用している分には、このドメインの価値については育てることができません。むしろ、「提供されたドメインをわざわざ育ててあげている」と考えることもできます。

「ドメインってなに?」という方に簡単に説明しておくと、URLの基準となる部分のこと。いわばインターネット上で唯一無二の「名前」です。

ドメインの解説図

このドメインは他と重複することがないため、原則として取得・維持している人や企業のみが独占使用することができます。取得については早いもの勝ちなので、もし希望するドメインがあったら早めに取得しておきましょう。ドメインの取得は王道ですが、管理も簡単な「お名前.com」が便利です。

ドメインの価値は、主に次の要素で決まります。

  • ドメインが存在している時間の長さ
  • コンテンツの質
  • 被リンクの量

これらについて解説していきますが、まずはホームページ・ブログを運用するスタンスを確認しておきましょう。

ホームページ・ブログの運用スタンス

どのぐらい本気で運用したいか。このことを事前に確認しておくことは非常に重要です。

例えば、ビジネス目的であったとします。会社のホームページ、製品やサービスを紹介するブログ、顧客をサポートするための情報発信の場、など。これらの目的であれば当然本気で進めるべきなので、独自ドメインでの運用はマストと考えて間違いありません。ここで無料サービスを使ってケチるぐらいの本気度であれば、むしろホームページを作らないほうが良いです。更新が滞ったりで続かないので、ほぼ確実に良い結果を期待できません。手の行き届かないホームページは、客観的に見ても良くない印象を与えます。

一方で、次のように開業の準備期間、もしくは開業したてのときは無料サービスを活用して時間を節約し、本業に注力することをお勧めします。

  • これから開業を考えているけど、今の仕事もある。とりあえず何か始めておきたい
  • 開業したばかりで時間も資金もない。けど形だけでも作っておきたい

それ以外の場合はホームページを宣伝のための投資と捉え、本気の運用をしていきましょう。

ドメインの価値を決める3つの要素

運用スタンスを確認したところで、先ほど紹介したドメイン価値に結びつく要素について解説していきます。

ドメインが存在している時間の長さ

ドメインを取得し、ホームページとして運用している時間の長さを指します。この長さが長いほど、運用実績のあるドメインとして評価されやすくなります。ただし、この要素だけでは不十分です。

突然ですが、自分より年上の方(先輩/上司)に対して「自分の方がうまくできるのに」と思ったことはありませんか?そして実際に事実であることも多いはずです。
インターネットの世界においても同じことがあり、単純に年功序列だけで評価が優先されることはありません。抱えているコンテンツの質が非常に重要です。

コンテンツの質

全ての要素の中で、この要素が最も大切です。ホームページ・ブログの存在する本質的な意味は、見にきた人にしっかりと期待される情報(知りたいと思った情報)を提供すること。検索エンジンもこの点を非常に重視しています。そのため、求められた情報を提供できているホームページは検索エンジンから高評価され、アクセスする人も増える好循環が起きます。アクセスする人が増えるとホームページ自体が「信頼されている存在」として捉えられ、結果として検索結果で上位に表示されたり、SNSで多くの方に拡散されたりといったことが起きて広まります。

被リンクの量

こちらは「質」と大きく関わってきますが、質の良いコンテンツは他のホームページからも参照されるようになります。すると、他のホームページからリンクが貼られるようになりますが、このことを「被リンク」と呼びます。この被リンクが多いサイトは「多くの支持を得ている」と判断され、結果として評価も高くなります。

賢い方は、自分でたくさんのホームページを立てて、本命のホームページにリンクを貼りまくったら効率良く評価を上げられると考えるかもしれません。しかしこの行為はGoogleが固く禁止している行為のため、絶対にやめてください。

さらに言うと、この行為はバレます。バレるとペナルティが発生して検索エンジンから全く評価されなくなりますので、検索結果に全く表示されなくなる事態にもなりかねません。重ねますが絶対にやめてください。

まとめ

ドメインの価値を構成する要素について理解したところで、次はこれらの要素をどう育てていくかを考えていく必要があります。無料サービスを使用した場合は独自ドメインが使用できませんので、知らずのうちに他人のドメインを育てていることになります。せっかく素晴らしいコンテンツを作っても、ドメインの評価は持っていかれてしまう。勿体ないと思いませんか?

さらに言うと、ビジネスをする上で信用は大切だと思いますが、独自ドメインの方が信用されやすいです。例えばwebサービスを使うとサービス独自のURLが提供されますが、その結果として「このサービスで運用しているのか」と思われてしまいます。これはイメージの話しですが、見落とせないポイントです。

しっかりとホームページ・ブログのコンテンツを作っていきたいのであれば、独自ドメインを取得しましょう!
独自ドメインを取得して運用する場合の費用については、こちらの記事「ホームページ運用に必要なもの。発生する費用」で紹介しています。あわせて読んでみてください。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

コメントありがとうございます!
運営の参考にさせていただきます。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ