BLOG

ファイナンス

LINEモバイル移行後のレビュー

LINEモバイル移行後のレビュー

昨年11月にソフトバンクからMVNOのLINEモバイルへ移行して4ヶ月が経過しました。今回は実際に使ってみての感想を書いていきます。

目次

これまでの流れ

3連休いかがお過ごしでしょうか。
僕はというと、外はリア充&ファミリーで溢れていて眩しいため、外出せずインドアで過ごしています。

昨年にソフトバンクの契約が2年経過したタイミングで、携帯代金を下げるために比較的新しいMVNOであるLINEモバイルへ移行しました。移行に関しては記事にしていましたが、使用感については全く触れていなかったため今回記事にまとめることにしました。ご検討中の方のお役に立てたら嬉しいです。

なお、検討から申し込み、そして使用するまでについてはこちらからどうぞ。

移行して大満足

結論を先に言ってしまうと、もう大満足です。今のところ何の不満もありません。「関係者かよ」ってぐらいべた褒めしていますが全く無関係です。

何が満足なのかというと、「費用」「通信の品質」の2つ。

費用

そもそもソフトバンクからの移行を考えていた理由が、月々の通信料金が高いと感じていたからでした。こちらの記事で月々の通信料 & トータルコストを比較しましたが、このまま行けば想定以上の結果となりそうです。
※当初は月々の容量を5GBで計算しましたが、実際には3GBを契約したので通信料はさらに抑えられました。

毎月くる請求金額がこちら。

LINEモバイルの請求金額確認ページ

1,827円!安いなぁ…。ソフトバンク時代は7,500円〜8,000円あたりだったので、約1/4になりました。

通信の品質

安いだけで繋がらなかったら意味がありません。が、この点も全く問題なし。回線が混み合う時間帯(夜7時〜9時ぐらいなど)でも全然遅いと感じたことがありません。大阪旅行へ行きましたが、その時もめちゃくちゃ快適でした。不満ありません。

通信量が3GBで厳しいかな…と思っていましたが、そこも余裕で大丈夫でした。繋がるところではWiFiを活用しているのも大きいですが、外では基本的にTwitter、Instagram、LINEばっかだったので、コミュニケーションフリーのパケットノーカウントが効いてます。

実際にどれぐらい余裕あるかというと、現在のパケット使用量がこちら。

マイページから確認できるパケット使用状況

残り約9GB使えます。今月の3GBは全くの手つかず。

これはスマホの使い方によって大きく違ってくると思いますが、LINEで連絡取れればいい方や、TwitterとかInstagramばかりやるって方は、大きな容量じゃなくても問題無さそうです。

2年縛りもないし、これだけの品質&低料金でスマホが使えるのって画期的です。やっとスマホの通信代金が納得できる金額になり、本当にLINEモバイルにして良かったと思っています。月々の携帯電話料金を見て高いと感じている人、もう皆んなLINEモバイルにすると良いよ…。

家族、知人に勧めまくってます。特に親はLINEで連絡取れればOKって使い方だったので、もうLINEモバイルは打ってつけでした。

もう無駄に高い携帯電話の通信料を支払う必要はありません。

Amazon経由で申し込むと初期費用が安くなる

これは最近知った事実ですが、Amazonでエントリーパックを購入してLINEモバイルへ申し込むと、通常3,240円の初期費用がなんと373円になります

自分が申し込んだときは無かったので仕方ないのですが、普通に3,240円を支払っている身としては「ふざけんな!!」という想いではあります。別に怒ってません。

Amazonを経由すると、次のような流れになります。

  • 1 Amazonでエントリーパックを購入
  • 2 LINEモバイルの公式サイトへアクセス
  • 3 LINEモバイル「申し込み」ページから、エントリーパックに記載のエントリーコードを入力した上で申し込む
  • 4 SIMカードの到着を待つ

違いは最初のステップでエントリーパックを買うかどうかだけですね。エントリーパックを無視して申し込んだ方が手っ取り早いので、面倒な方は直接LINEモバイルよりどうぞ。

※Amazonでエントリーパックを購入する場合、「データ通信」のみか「データ通信 + 音声(電話のこと)」かを選択する必要があるので注意してください。

こちらの記事は役に立ちましたか?

ありがとうございます。
もしよろしければ、あわせてフィードバックや要望などをご入力ください。

ありがとうございます。
コメントを送信しました。

前のページへ 一覧に戻る 次のページへ